マメ知識

薩摩では鶏は野菜?

 みやざき地頭鶏のルーツになっているのは、霧島山麓一帯で古くから飼われていた在来種の地頭鶏(昭和18年、国の天然記念物指定)だ。その格別のうまさから、地頭職に献上する鶏だったといわれ、いつしか地頭鶏と呼ばれるようになったという。ブロイラーが普及する中で、成長が遅い地頭鶏は肉用飼育には向かないといわれ、愛好家の間で細々と血統が守られていた幻に近い鶏だった。

 宮崎県内でも都城市からえびの市にかけての霧島山麓一帯は、地鶏文化圏といえるほど豊かな鶏の食文化がある。客をもてなす際に飼っている鶏をつぶして供する習慣は、最近ではさすがになかなか見られなくなったが、祭りや祝い事の席で鶏のたたきや、鶏とともに煮込んだ煮しめを焼酎とともに味わう文化は、現代にも受け継がれている。
司馬遼太郎の小説「翔ぶが如く」には、西郷隆盛が木戸孝允と鶏肉の入った薩摩汁を食べながら、「薩摩じゃ、鶏は野菜(やせ)ごわす」と語るシーンがある。西郷独特のユーモアにしても、南九州の食文化の中で、鶏の占める位置づけがわかるエピソードだ。

そんな地鶏文化の中で伝えられてきた地頭鶏をベースに、ホワイトプリマスロック種と九州ロード種を交配して、平成2年、宮崎県畜産試験場川南支場で開発された「みやざき地頭鶏」には、地鶏文化圏である南九州の誇りが込められているといえるだろう。

宮崎県季刊誌「Jaja」じゃじゃ” より引用

天然記念物の指定年

天然記念物の指定年

このページの先頭に戻る